癌になったちょびのブログが本になりました。
認証要求されますが、キャンセルしても入れます。
line-n7.gif

猫の病気BBS動物園

__ライブカメラ_
ライブカメラ_現在は非公開(火〜金17時〜23時)です





★★被災動物保護してます情報(福島版)★★  http://onyawan.blog93.fc2.com/blog-entry-702.html



★★★★ペットと暮らすための情報★★
http://onyawan.blog93.fc2.com/blog-entry-701.html 






**田代島にゃんこザプロジェクト**
http://nyanpro.com/ 

2012年01月14日

転院

徒歩でいけることは、分院で。
大宮の本院で専門医に診察してからといわれて、(大宮‥‥車で4〜50分かかるんだよね〜

車で10分のことに決めた。
駐車場が10台以上ある、結構大きい病院になるのかな。

待合室も以前のことより大きくて、一角を犬お断りになってて、猫うさぎ用ってある。
診察室も犬猫分かれていた。
直接見てくれたのは、T先生。エコーの後は院長先生も立ち会ってくれた。

あぷりさん、採血とっても大人しくて旦那びっくり。笑

体重3.20kg いい感じ〜
体温38.4°

RBC 918
PCV 39%
Hb 13.1
MCV 45.8
MCHC 31.2
TP 6.8
WBC 3500 白血球
Seg 1960
Eos 140

ALT 71


案の定というべきか、白血球が下がっている。

薬は蓄積されるので、3週より5週くらい開けた方が好ましいと。
できるだけ長く薬の効く時間を作りたい。(がっつりやって癌を消すより、状態維持に)

エコーの結果でも腸が閉塞しているところはなかったので、12日に3回吐いたのは詰まっているわけではなさそう。

ap120003.jpg

ねむねむあぷり。


片道1時間より、通院は楽だわ〜
ラベル:リンパ腫
posted by てれじあ at 23:16| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫>あぷりこっと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
腸閉そくでなくてよかったです。
手乗リーズのときに危機一髪のことが
ありましたものね。

がんばれ!
あぷりちゃん!!
Posted by まゆママ at 2012年01月18日 22:31
腸腺癌で手術の時、腸管がかなり狭まっていたんですよねー。
でも、なんともなかったです。
この後、16日に大量の毛玉を吐きました。
これだったんですねー。
すっきりしたのか、あれから吐いてません。
Posted by てれじあ at 2012年01月19日 21:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。